2014年6月9日月曜日

ラッシュからのマッサ 2014年カナダGP まさかのマッサ編

毎年恒例の日本時間深夜から早朝にかけてのレースが行われました。

カナダGPはエンジンパワーが重要ということでメルセデスエンジン勢が有利と思われ我らがマッサんの活躍に期待ということで予選5位から最高の走りを魅せてくれました!

結果
優勝はレッドブルのリカルド、2位はメルセデスのロズベルグ、3位レッドブルのベッテル
ついにメルセデスの連勝記録もストップすることになりましたがトラブルによるものでスピードは最速でした。
メルセデスの記録は開幕からずっと全周に渡りトップを走り続け2位を走行したことも無いほど速いのですがそれをここカナダGPで止めたのが我らがマッサんです!

マッサがメルセデスの二台を引き連れて先頭を走るシーンは絵になります!
優勝するシーンが頭をよぎり始めました。
その後タイヤ交換をしてからの怒涛の追い上げでアロンソなど3台をゴボウ抜きにしてベッテルの後ろまであっという間に迫ります。
そして大クラッシュ!まだマッサんに試練を与えるんですか!